Now Loading...

コラム

Critically ill obese patientsは、パラドックスがある。

2022年04月18日

Critically ill obese patientsは、パラドックスがある。

通常、肥満があると、身体には、悪い効果ばかりです。

ですが、「本当に、深刻な病気をもつ、肥満患者の場合」においては、

逆説的に、肥満であったほうが、予後がよいという場合があります。

癌の手術後などが、そのよい例だとされています。

これを、「肥満の逆説」とよび、英語では、「Obesity Paradox」と読んでいます。

以下の論文では、どういう時に、[obesity paradox]が起こりえるのかを論述してますが、これは、とりもなおさず、こういう時には、サクセンダ治療は中断したほうがよい、という助言ともなります。

管理栄養士は、常に、こうした状況を頭にいれて、栄養指導する必要がある、と述べています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27422122/

私たちはGLP1ダイエット注射サクセンダを取り扱っているクリニックです。GLP1ダイエットは、食欲を抑え、安全に太りにくい体質へと変えていきます。無理のない体重の減少を実感していただくために情報発信していきます。