Now Loading...

コラム

肥満逆説:Obesity paradox:肥満は必ずしも悪くない。

2022年04月07日

肥満逆説:Obesity paradox:肥満は必ずしも悪くない。

Obesity Paradox: つまり、肥満は、悪者とおもわれがちですが、
逆説的に、肥満しているほうがよい場合もある、という状況を、
こう表現します。

Pubmedで検索すると、

消化器系の癌の術後などは、肥満している人のほうが、死亡率が低いという論文も報告が増えてきています。

消化器系の癌手術を行うと、それでなくても、通常は痩せるので、なので、もともと肥満体質であったほうが、

死亡率は少なくなっているのだろうと思われます。

ただし、肥満、そのものは、癌のリスク因子になっているので、

肥満を改善したほうがよいにこしたことはありませんが、

こと、癌の手術をするとなると、その前だけは、

多少、肥満になっていたほうがよいという論文が報告されています。

The obesity paradox in patients with colorectal cancer: a systematic review and meta-analysis – PubMed

私たちはGLP1ダイエット注射サクセンダを取り扱っているクリニックです。GLP1ダイエットは、食欲を抑え、安全に太りにくい体質へと変えていきます。無理のない体重の減少を実感していただくために情報発信していきます。