Now Loading...

コラム

肥満女性は不妊になるならサクセンダは治療薬になる!

2022年02月15日

肥満女性は不妊になるならサクセンダは治療薬になる!

この論文は、2017年の論文です。よって、サクセンダは不妊治療としても、利用できます。

Obesity and female infertility: potential mediators of obesity’s impact

Fertil Steril
. 2017 Apr;107(4):840-847. doi: 10.1016/j.fertnstert.2017.01.017. Epub 2017 Mar 11.

肥満と女性の不妊症:肥満の影響の潜在的なメディエーター

肥満の世界的な上昇傾向は劇的であり、現在、生殖年齢のアメリカ人女性の20%以上に影響を及ぼしています。肥満は出生前の多くの母体および胎児への悪影響と関連していますが、女性の出産にも悪影響を及ぼします。肥満の女性は、視床下部-下垂体-卵巣軸の調節不全が原因で、排卵機能障害を起こす可能性が高くなります。多嚢胞性卵巣症候群の女性で、肥満でもある場合は、より重度の代謝および生殖の表現型を示します。肥満の女性は、真正妊娠の場合でも繁殖力が低下し、体外受精を使用すると結果が悪くなります。

肥満は卵母細胞と着床前胚に影響を及ぼし、減数分裂紡錘体の形成とミトコンドリアの動態が破壊されているようです。過剰な遊離脂肪酸は生殖組織に毒性作用を及ぼし、細胞の損傷や慢性的な軽度の炎症状態を引き起こす可能性があります。肥満状態のレプチンなどのアディポカインのレベルの変化は、ステロイド産生に影響を及ぼし、発生中の胚に直接影響を与える可能性があります。子宮内膜も感受性が高く、肥満の女性では間質の脱落膜化が損なわれている証拠があります。これは、受容性の低下による分娩不足を説明する可能性があり、肥満集団における流産、死産、子癇前症の発生率が高いことから明らかなように、胎盤の異常につながる可能性があります。

体重減少、身体活動、食事要因、肥満手術など、不妊症に対する肥満の影響を軽減するために、多くの介入が検討されてきました。

これらのデータは大部分が混合されており、私たちを導くための質の高い研究はほとんどありません。

人間の生殖における肥満の病態生理学の理解を深めるにつれて、新しい治療戦略を特定したいと考えています。

 

私たちはGLP1ダイエット注射サクセンダを取り扱っているクリニックです。GLP1ダイエットは、食欲を抑え、安全に太りにくい体質へと変えていきます。無理のない体重の減少を実感していただくために情報発信していきます。