Now Loading...

コラム

アメリカでは肥満医療は糖尿病専門医の仕事

2022年02月15日

アメリカでは肥満医療は糖尿病専門医の仕事

アメリカ糖尿病学会雑誌の雑誌が届きました。当然、アメリカでは、肥満治療は、糖尿病専門医の仕事とされています。

日本の肥満治療学会の理事の多くも、糖尿病専門医が中心です。なのに、日本でGLP1ダイエットを推奨しているのは、美容系クリニックだらけ、という実状。あるいは、代謝をしらない皮膚科医とか、エステ系関連のビジネスをしている医師だけのようです。

もちろん、日本では、この治療が「保険でカバーされていないから」が原因です。

もし、保険でカバーされていれば、韓国のように、美容系クリニックが、手をださないでしょう。韓国の釜山に旅行した時、サクセンダは、当然のごとく保険診療なので、糖尿病専門医のいる外来で処方される薬剤であり、美容系クリニックで販売しているのは、目にしませんでした。

海外では、サクセンダは、国が保険承認している薬剤。
日本だけは、医療費高騰を抑えるためなのか、あるいは、肥満は自己責任だと誤解している医師が多いせいなのか、製薬企業自体が肥満人口が少ないから市場が小さいと判断しているせいなのか、国が保険承認していない薬剤です。

ただ、希望はあります。菅首相が、総理大臣だった時代に、それまで、自費診療だった「不妊治療」が「保険治療」に、変わりました。

なので、おそらく、その意思を継ぐような政治家、今の段階では、河野太郎議員しか、私には頭に浮かびませんが、そういう議員が動いて、日本の肥満医療を、世界レベルにまで、ひきあげてくれることを、期待します。

以下の雑誌の、s113から、s124,ページまでが、「肥満治療」の内容と、そのガイドラインが記載されています。

私たちはGLP1ダイエット注射サクセンダを取り扱っているクリニックです。GLP1ダイエットは、食欲を抑え、安全に太りにくい体質へと変えていきます。無理のない体重の減少を実感していただくために情報発信していきます。