Now Loading...

コラム

どんな薬が使われてるの?(2)

2022年02月08日

どんな薬が使われてるの?(2)

オゼンピックについて

オゼンピックの特徴は、作用期間の長さで、一週間に一度の注射で十分です。

薬としての半減期が長いので、1週間に1回で、ずっと持続して効果が続きます。

サクセンダ・ビクトーザでは成分はリラグルチドでしたが、このオゼンピックではセマグルチドです。

オゼンピックはサクセンダよりも痩せにくいし、糖尿病の通常用量では間食が増えるなどの問題があり、痩せにくい薬剤です。

初めは0.25mgから開始し、4週間以上それを続けて特に問題が起きなければ0.5mgに増量するといった使い方が一般的です。

糖尿病で肥満度が高い患者には、1.0mgを投薬するのが普通です。

リベルサスについて

先の記事で、リベルサスについて説明しましたが、これについては、既に欠点については解説したので、割愛します。

減量効果はさほど期待できないので、あくまで利便性がよくても、血糖値はさがっても体重はさほど、さがりません

起床時に服薬して、それから、30分間は、コーヒーもお茶も口にできません。朝食もとれません。かなり不自由です。

私たちはGLP1ダイエット注射サクセンダを取り扱っているクリニックです。GLP1ダイエットは、食欲を抑え、安全に太りにくい体質へと変えていきます。無理のない体重の減少を実感していただくために情報発信していきます。