Now Loading...

コラム

オルリスタットの価格をどう決めたか

2022年02月04日

オルリスタットの価格をどう決めたか

 

アメリカでは、普通にオルリスタットが購入できます。

ALLI (アライ、と呼ぶそうです)
は、アメリカの薬局(CVS)で販売しているオルリスタットで、
1カプセル60mg、含まれています。
ゼニカルは、1カプセルあたり120mgのオルリスタットを含んでいます。
ゼニカルは、ALLIの倍量、1カプセル中に成分が
含まれているので、商品名が異なります。

昔、アメリカに行ったときに、試しにCVSストアに立ち寄ってみました。

そこで、ALLIを購入してみたら、79ドルで、120カプセルでした。

1ドル=114円で計算すると、9006円。ざっくり9千円です。

9千円を120カプセルで計算すると、75円。
つまり、オルリスタットは、1カプセル、60mgが、75円です。

もし、ゼニカルと同じ用量というつもりで、
120mg服用するとなると、アメリカでは、150円かかります。
薬局で購入できる金額が、この金額です。

ゼニカルは、1カプセル120mgのオルリスタットを含んでいる商品です。

もし当院が、ゼニカルを税込100円となると、

アメリカに、わざわざ来てまで購入するより安いということになります。

通常なら、輸入手数料もいれて、200円が、相場かもしれません。

日本では美容外科で発売しているゼニカルの相場は、
1カプセルは、300円から400円だそうです。

============

当院で、既にGLP1ダイエットをうけた事がある方への特別価格

当院での、オルリファスト1カプセル100円(税込)は、通常では日本ではない特別価格になります。
GLP1ダイエットプラクティスを継続している人か、過去に、GLP1ダイエットを当院で1度でも行っている方、限定のプライスとさせてください。あと、絶対に他人には売らないでください。

=============

当院に、糖尿病で通院されている方への特別価格

当院に、通院されている、糖尿病の患者さんにおいては、1カプセル200円にさせていただきます。それでも、アメリカで購入するより、わずかに高い金額くらいです。糖尿病の治療をされているので、やはり、糖尿病薬との併用が、大丈夫かという医師が判断をくださなくてはなりません。その分、50円だけ、上乗せさせていただいて、200円にさせていただきます。ただし、糖尿病の治療も、たった1回の受診だけで、この権利があるとされるのは、困りますので、3ヶ月以上、通院の方で、3回以上、当院を受診したことがある糖尿病の患者さん限定にさせていただきます。

===============

当院に、糖尿病あるいは抗肥満治療目的で、通院されたことがない方へは、日本の美容外科での通常価格、 

当院に、1度も糖尿病治療目的で通院されたことがない、あるいは、当院でのGLP1ダイエットプラクティスをうけたことがない方においては、必ず、対面診療をお申し込みください。日本での美容外科での対面診療で、ゼニカルをお渡しするのは、有名な美容外科クリニックでも、1カプセル300円以上だそうです。なので、私たちも、それにあわせて、1カプセル300円にさせていただきます。

これまで、全く、当院に通院されておらない受診者の方は、どういう方かわかりませんので、あえて高い金額にさせていただきます。その分、リスクがありますし、社会的背景などがわかっておりませんので、一般の美容外科と同じ待遇にさせていただきます。あまり安い金額にしてしまうと、いわゆる「横流し」をされてしまうのが危険です。

もちろん、上記の2つの受診者の方々は、すでに、当院に、GLP1ダイエットをうけられたり、糖尿病で通院されておられますから、そんなことはないと信頼しております。

私たちはGLP1ダイエット注射サクセンダを取り扱っているクリニックです。GLP1ダイエットは、食欲を抑え、安全に太りにくい体質へと変えていきます。無理のない体重の減少を実感していただくために情報発信していきます。