Now Loading...

コラム

肥満治療は最終ゴールが見えている?

2022年02月03日

肥満治療は最終ゴールが見えている?

世界の糖尿病学会では、最終ゴールが見えています。

GLP1受容体作動薬、だけでなく、

GIP受容体作動薬、と、さらに、

グルカゴン受容体作動薬、

この3つの受容体を刺激するホルモンが、未来の夢の糖尿病治療薬になることでしょう。

3つのPlayerが、登場する日が到来することでしょう。

グルカゴンが加われば、消費エネルギーが増えます。

この、GLP1/GIP/Glucagonの3つを刺激する新薬が将来、登場すれば製薬メーカーの狙いも、決まったみたいなものです。あとは、タンパク質の合成だけでしょう。臨床試験の結果次第です。

糖尿病治療において、インスリンを議論していた時代は、もう終焉に近いです。

糖尿病の治療は、インスリンの発見から100年近くで、大展開をして、糖尿病学会は、肥満学会と、変わらない学会になるのかもしれません。

そういう未来が分かっているから、だから、GLP1ダイエット外来を始めたわけです。

世界標準治療を行いたい、それが私の本心です。

私たちはGLP1ダイエット注射サクセンダを取り扱っているクリニックです。GLP1ダイエットは、食欲を抑え、安全に太りにくい体質へと変えていきます。無理のない体重の減少を実感していただくために情報発信していきます。